派遣はヘルプ要員だから面倒な営業活動もありません

出勤は自由でも、キャバ嬢としての働きかたが不自由だったりキツかったりしたら、キャバクラ派遣を積極的に選ぶのは難しくなっちゃいますよね。

でも大丈夫!その辺も在籍よりもずっと楽だし、多くの女の子が働きやすいと感じるはずですから。

派遣って、そもそも在籍のヘルプ要員なんです。黒衣という表現はちょっと言い過ぎかもしれませんけど、決して主役ではなくて、主役の在籍の女の子のサポートであったり、人数が足りないお店の穴埋めだったりを任されるのが派遣のキャバ嬢なんです。

これはもちろん、働きかたそのものにも影響してきます。 例えば、派遣の女の子は在籍の子みたいに営業活動をする必要がありません。
在籍はお客様から本指名をどれだけ受けられるかが収入にも関わってくるから営業活動も必死にやらなくちゃいけないけど、派遣は本指名されることがないしお給料も基本変わらないので、そのために頑張って営業をかけることを求められないんです。

この違いは、実際に働いてみるとわかるけど、ものすごく大きな違いで、営業に関わる作業があるかどうかで楽さやツラさも全然変わって来るんですよ。

 面倒な作業がない分、在籍よりもずっとキャバクラ嬢としてのお仕事を楽しむことができるのではないでしょうか。

ノルマもなくてプレッシャーもゼロってほんと?

精神的な圧迫感があるかないかも、派遣と在籍の大きな違い。
これは営業活動の有無ともちょっとリンクするんですけど、それ以上にノルマの有無がかなり大きく関わってきます。

簡単に言ってしまうと、派遣はノルマなしで、在籍はノルマ&ペナルティーがあるんです。

「これだけ売り上げ上げないと給料下げます」「指定した本指名の数を達成できなければ時給ダウンします」「遅刻・欠勤は罰金です」などは、全部在籍の女の子に課せられるルール。
もちろんお店ごとにこのルールは違いますが、キャバ嬢に対して厳しいルールが設けられていないお店はほとんどありません。

http://www.party-people.jp/upload/non_noruma.jpg

そんなお店であっても、派遣で働く女の子には当然そのルールは適用できませんし、派遣会社も「こうしなくちゃいけない」とか「これやったら罰金」みたいなルールやペナルティーはないところが多いので、だからキャバクラ派遣はプレッシャーもほぼゼロで働くことができるんです。

単純に「働きやすさ」だけにフォーカスすれば、断然派遣ですよね。
在籍は常にプレッシャーと戦わなければならない日々だし、これだったら派遣に魅力を感じる女の子が増えるのも当たり前です。

 こんな違いを知った上で、あなたならどちらを選択しますか?