そもそも異なるお給料のシステムを整理

派遣キャバクラ嬢と在籍キャバクラ嬢を比較する時に必ず話題に上るのが、お給料に関することです。

働くということは、それによってお給料を獲得するということですから、ここは誰しもが気になるところですよね。
そもそも、キャバクラ派遣を通して働くのと、お店に在籍して働くのとでは、給与システム自体に違いが出てきます。

前者は派遣会社からお給料が支払われますが、固定時給が基本です。
固定時給と言っても派遣会社ごとに固定されているわけではなくお店ごとに時給額が異なるので、その都度収入額が変わってくると言ってもいいでしょう。

もっと言えば、派遣はお仕事先を探す時に、時給の額にこだわって選択することが可能。「あのお店、時給が高いから働こう」と、出勤の一つの動機として考えることもできますよ。

一方で在籍の場合は、最初の1〜2ヶ月は時給額が固定されているお店もたくさんありますが、基本は変動制です。
収入の額が働いた時間だけで決まるのではなく、成績や売り上げによって時給そのものが変わるシステムを多くのお店が採用していて、在籍の女の子はそれに翻弄されることになるんです。

 それが嫌だからキャバクラ派遣を選ぶ女の子も増えてきています。

インセンティブなどにも見られる違い

「これだけの成績を上げれば、これだけの収入が得られますよ」というのは、言ってみればインセンティブですよね。

在籍のキャバ嬢にはこのインセンティブやボーナスに似たような給与システムが幾つかあって、ノルマを達成したら上乗せしてもらえたり、成績が良ければバックが受け取れたりなど、在籍にしかない旨みがあることも間違いありません。

ただ、お店に雇用されていると、時間外労働を強いられることも結構多くて、働き方に自由度やラフさみたいなものを求める女性からは少し不評。
「ある程度は稼ぎたいけど、そこまでお店に拘束も干渉もされたくない」と考えている人にとっては、在籍キャバ嬢という働き方は少々息苦しく感じるのではないでしょうか。

同伴出勤、アフター、営業活動、こうしたものも言ってみれば時間外労働で、一般企業に当てはめれば残業みたいなものですよね。 
派遣のキャバ嬢には、そういう時間外労働的なことはほとんどありません

でも、派遣会社によってポイント制度があったりして、出勤するごとにポイントが貯まったり友達を紹介したらポイントが貰えたりします。
クオカードが貰える派遣会社もあり。これはインセンティブそのもので、派遣だからと言って全然旨みがないかというと、そんなこともないんです。

 派遣にも働くことで得する制度がいくつもあるんですよ。

稼げる金額にある程度上限がある点は頭に入れておこう

給料のシステムの違いに目をやると、キャバクラ派遣と在籍の稼ぎ方の違いにも気が付くかもしれません。

はっきり言ってしまいますが、たくさん稼げる可能性があるのは、在籍キャバクラ嬢の方です。 でも、それは成績を残すことができる一部の女の子だけ。指名が取れない、頑張れない女の子は派遣よりお給料が低くなってしまうこともあります。

キャバクラ派遣は、稼げる金額にある程度上限があることも、一応注意点として頭に入れておきたいところ。

あまり魅力のない女の子であっても在籍より稼げちゃったりすることもあるんですけど、どんなに可愛くてめちゃくちゃ頑張ったとしても、人気のある在籍の女性のように稼ぐことは難しいんです。

それでも、「時給3,000円とかなら普通のバイトより稼げるからいいよー」っていう女の子もいるはず。

これは確かにそうなんだけど、でも、派遣の子は早上がりの対象になってしまうので、ここも知った上で働き方を選びたいですね。

早上がりの対象になるというのは、お店側が「お客さんも減ってきたし、今日はもうこんなにキャストの子は必要ないな」と思ったら、まずは派遣の女のから退勤してもらうということ。
6時間働くつもりでいたけど、4時間の勤務で「今日は帰っていいよ」と言われてしまう可能性があるということです。

 これも、キャバクラ派遣が、稼げる金額にある程度上限があるという部分に繋がっています。

ヘルプやサポートに徹する意識も常に持っておくこと

派遣のキャバ嬢って、結局は在籍キャバ嬢のサブ的存在なんですよね。

優劣で言ったら、在籍が優で派遣が劣。
どんなに魅力的な女性でも、派遣で働いている限りメインや主役にはなれなくて、お店に直接雇用されているキャバ嬢のサブ的存在として、サポートや補助に徹することしかできないんです。

お客様から連絡先交換をお願いされたら、「私って魅力的なのかな?」って感じて嬉しくなるじゃないですか。
でも、派遣は男性と連絡先交換はできません。だって、そのお店で働くことはもう二度と無いかもしれないし、もし連絡先を教えるようなことになれば、それは主役である在籍の女性の立場も無くなってしまうので、そんなことは許されないんです。

いくら向上心や野心があっても決してメインにはなれない。
この意識を持っていないと、派遣で働くことはできないでしょう。

間違っても、「私の可愛さで男性を虜にしてやる」なんて思わないこと。
これが、キャバクラ派遣で働く時に頭に入れておきたい一つの注意点ですね。

 あくまでも、その他のバイトよりも稼げるお仕事、という捉え方がいいのかもしれません。